スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ

デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-2200

デジタル・サウンド・プロジェクターって何だろうと思っていたところ、ヤマハエレクトロニクスマーケティングに招待され、実際にどんなものなのかを体験する機会をいただきました。




yamaha.jpg





まずは、デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-2200の前段階のYAS-101でテレビの音とどれだけ違うかと聴き比べました。
yamaha1.jpg





最近の薄型テレビは薄さを追及しているので、スピーカーの位置がなんと後ろ向きに作られているそうなんですって・・・そりゃ、音が小さく聴こえるわけなんです。なので、音量を大きくすると高音が耳障りになってしまったりするんです。そういう時はデジタル・サウンド・プロジェクターの出番なのです!




あと、テレビの音って収録のときには全部の音を拾うのだけど、全部の音を放送できないので音を絞ってしまうそうで、デジタル・サウンド・プロジェクターはそういう絞られた音以外の音もきちんと出してくれるのです。




実際に音の違いを体験させていただいて、普段テレビで見てる音ってなんてちっぽけなんだと思ってしまいました。歌番組も実際にライブハウスで聴いているような錯覚に陥る位の音でした。




その後、本命のデジタル・サウンド・プロジェクター YSP-2200の音を体験しました。




yamaha7.jpg





音のビームを利用して、5.1chサラウンドの音をリアルに届けてくれます。
とても面白かったのが、音が聴こえてくる位置を変えるときに、本当に聴こえる位置が違ってくることなんです。
今まで、音の聴こえてくる位置なんて気にしたことがなかったので、とても興味深い話でした。
yamaha4.jpg






測定用のマイクを使って、音の反射位置などを調整してくれるのです。
また、ブルーレイディスクにもピッタリで、高音質をキレイに出してくれるから家に居ながら映画館にいるように思えてきました。





yamaha5.jpg

別売のアクセサリーを使えば、i Podやi Phoneの音楽の再生もできて、しかも圧縮された音を高音質で楽しむことができるんです。これなら、オーディオ製品もいらないんです!!




こぶたがデジタル・サウンド・プロジェクター YSP-2200を使うとしたら、好きなアーティストのLIVE DVDを買って、一人ライブハウスを楽しみたいです。後はDVDを借りてポッポコーンを用意して映画館にいる気分に浸りたいです(*'-'*)エヘヘ




もしかすると年内にお引越しをしなければいけないので、その機会に買ってみようかしら!?




薄型テレビオーディオ総合サイトはコチラ
ヤマハエレクトロニクスマーケティングさん、素敵な機会を設けていただきありがとうございました<(_ _)>
人気ブログランキングへ

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © Nanairo Days All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。