スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ

疲れ目対策

毎日会社でも家でもPCをよく使うので、目はいつもお疲れ様ですなこぶたです。特に会社ではドライアイなせいもあるのか、目薬が手放せません。





眼鏡も度をあげないようにしているのですが、やっぱり長時間かけていると疲れてきます。なので、not眼鏡のコンタクトにしようかと思っているのですが、ドライアイなのでどうしても張り付く感じになってしまうのが気になるんですよね。しかも、もっと度が進んで目が悪くなりそうだし・・・




そんなこぶたみたいな悩みをもった人を対象にした働く女性の疲れ目に関する調査なるものがニュースとなっています!!





目の疲れを感じる頻度では「毎日」が半数以上。体の疲れで感じる頻度のトップは「目の疲れ」になります。その他の「目の乾き」や「肩こり」も目を毎日酷使しているところから来ているような気がします。




疲れ目を感じるときでも、こぶた同様「パソコンでの作業が多い時」が90%にものぼります。そして疲れ目によって、集中力が低下すしたり、肩がこったり、表情が険しくなったりと毎日を楽しく過ごせなくなってきてしまいます。




やっぱり疲れ目って人に与える印象が変わってくるのだと実感しました。そして、疲れ目によってシワが出たり、老けて見えたりという悲しい答えもありました。なので、疲れ目対策を行っている人は85%にものぼります。目薬やマッサージ、今話題のPCメガネの活用することによって、疲れ目を軽減している人が多い。




PCの普及化によって疲れ目と感じる人が多い。近い距離でモノを見る時、その距離に焦点を合わせるために、目のなかの水晶体の屈折力を調節します。この調節する力は年齢により衰えていくのですが、20代~30代の人であれば、目の調節力は十分にあるのですが、ここでPCの利用などで長時間調節を行うと目の調節力もオーバーワークを引き起こし、疲れ目を引き起こしているんですって。。。






PCメガネは医学的観点からいうと根拠がまだ分からないので、メガネやコンタクトレンズにより、適切な度数で屈折矯正を行うことが疲れ目からさようならする近道なんですって!また、乱視を矯正しないままでいると、近視の度数が強めに入ることになります。その結果、近くが見にくくなって目の疲れを引き起こしてしまうので、乱視を矯正することで疲れ目が軽減されるかもしれんですよ!




めんどくさがらず、マメに病院で定期健診しないとダメですね。



ジョンソン・エンド・ジョンソンのモニターに参加中
人気ブログランキングへ

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © Nanairo Days All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。